バレルサウナをDIY -2-

さて、サウナキットは到着したものの、季節は夏モードになり少しづつ家業も忙しくなり始めたこともあり、なかなか作業に取りかかれない日々が続く。もっとも家業以外のスケジュールが多すぎて、平日はほぼ埋まっている状態、このままではいつになるのかわからないので、少し落ち着いた9月、ようやく作業に取り掛かることに。説明では完成まで二人で一週間となっているが果たしてどうなることか。

屋根からの落雪を考慮して設置場所を選定、まずは土台位置を決めます。凍結も心配なのでしっかりと掘削、砕石、突固め、を行い水平に並べます。マニュアルでは平らにコンクリートでベースを作ることになっていますが、今後の移動なども考えて手持ちの材料で代用しました。何年も転がっていたケンチブロックが4個あったのでちょうどいい感じに納まるのではないかと、素人の怖さですね。

ブロックの上に土台を載せます。土台には防腐剤をたっぷり染み込ませて、なおかつブロックとの間に水が浸らないように、基礎パッキンを挟みます。(基礎パッキンというものの存在すら知らなかったけど、ホームセンターにちゃんと売られていたのには少し驚きでした)

防腐剤はたっぷりと塗ります
基礎パッキン、基礎が水に濡れるのを防いでくれます。

床下は草が生えないように除草シートを敷いて、更に湿気を防ぐため砕石を敷き詰めました。周囲は川から拾ってきた石を並べて水の侵入を防ぎます。

これで土台は完了。あとは駐車場から材料をおろして、組み上げるだけです。
ただ、駐車場から現場までは、2フロアー分の高低差があるので、手作業でいったい何回往復すればいいのやらやら。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

バレルサウナをDIY